スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるふわ 
先日、「歯ブラシかため女子」について書きました。気になる記事発見。





「硬い歯ブラシじゃないと磨いた気がしない、は完全にNG」だそうです。

はい、NGいただきました。完全に。

やわらかめを選択って。
私にとってはいちばんあり得ない選択。

ちなみにこの記事が載ってたのは、OL向けのフリーペーパー。
やはり、歯ブラシゆるふわ女子が、あるべきOLの姿なのか。

そう言えば、この間投げ売りされてたから買った歯ブラシセットがやわらかめ。
間違ったわーと思いながら、持ち歩き用に使ってた。

これを今日は、かなりの天使のソフトタッチを心がけて使ってみた。

・・・・・・
・・・

・・あれ?
意外とつるつる。
磨けてる!

やったーーーー!
歯ブラシゆるふわ女子、素質あったわー!
なれるかもしれない!
モテるかもしれない!


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
余談ですが。
歯ブラシコーナーに行ってみてください。
以前は潤沢にあった「かため」が、最近はどうも少ない。

たぶん、現代は歯周病が多くなってきているから、なるべく歯と歯ぐきに優しいものがグイグイきてるのでしょう。
たとえば、靴でも外反母趾で足が痛い現代人にと、EEとかEEEがすごく出てるのと同じか。

ということに気づいて妙に納得したのでした。
スポンサーサイト
歯ブラシとモテ 
○○女子、第二弾。


【歯ブラシかため女子】

なんでしょう、この響き。
モテない感ぷんぷん。

歯ブラシは「かため」一筋です。
実家も「かため」一筋。

一度、気にせずに「ふつう」を買って使ってみたら・・・全然磨けてない!
えー!と思って、もう一度丁寧に磨いてみたけど、やっぱだめ。
ツルツル感が違う。明らかに磨けてない。

えー。うっそー。
「ふつう」でこれならば、いわんや「やわらかめ」をや。(反語)

普通の人は「ふつう」で普通に磨けてるのでしょうか?

「歯ブラシふつう女子」がモテ、なのでしょうか。
森ガールとかは「歯ブラシやわらかめ女子」なのでしょうか。
「ゆるふわ」は、「やわらかめ」に値するのでしょうか。

歯ブラシゆるふわ女子になるには、どうしたらよいのでしょうか。
と言うか、歯ブラシは「何め」が喜ばれますか?

歯ブラシ、歯磨き、奥が深い。。
サーモン狂 
草食男子とか、メガネ女子とかありますが。
○○女子とか、なんか手軽にカテゴライズ。

さて、私はなんだろうと考えてみる。
で、降って湧いてはすぐ消える、新企画「○○女子」、始めます。


【サーモン女子】
サーモンが大好きです。
訂正。サーモンのお刺身が大好きです。
幸いな事に、一人暮らししてからずーっとスーパーのすぐ近くに住んでいるので、お刺身を安く買うチャンスがよくあります。
ちょっと安くなってると、すぐ買います。
今日頑張ったし、とか、何かしら理由をつけては買います。
その理由も浮かばない時は、サーモンが呼んでいるていで買います。
回るお寿司では、サーモン関係総ナメです。
なんなら二周目もいきます。

たぶん、人が一生のうちに食べるサーモン刺しの量を軽く上回ってます。
3~5人前のサーモン刺し人生を歩んでるに違いない。

が。衝撃が走った。
ずーっと「やっぱサーモン最高だわー(´~`)”」と食べてたトラウトサーモンが、実はマスだったとは…
アトランサーモンが、鮭。
トラウトサーモンが、鱒。

あー確かに、北海道在住時は見かけたアトランが、なぜか仙台では見かけない。

これからもトラウトを食べながら「ああ、でもこれは鱒…」と複雑な気持ちになるのだ。
食べるけど!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。