スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
せか謝(仮) 
思いつきシリーズ第三弾「世界の申し訳看板から」
略して「せか謝(仮)」

<閑話休題>
この略し方、なかなかしっくりこない。
「せか謝」・・・謝罪から。でも謝罪じゃないんだよなあ。陳謝?恩赦?せか赦?
「せか申」・・・せかしん?せかもう?微妙。
「せかゴメ」・・・謝罪よりはゴメンね~、的なニュアンスかな?

何かいい略し方ないかなあ。うーん。
</閑話休題>

さて。
工事現場によくありがちな、ぺこりと謝る人のご迷惑おかけしてます的な看板。
これをまた、ほそぼそと重ねて連ねていきます。



記念すべき一発目は、勘のいい方ならお気付きの、お馴染み「宮城野原運動公園内工事現場」です。
またかよ!

いたって普通。
特筆すべきところのない、王道な「申し訳看板」だと思います。
強いて言うなら、おります、を漢字にする必要性はあるのか?ってくらいで。
たぶん日本人の9割方はおりますに漢字を求めてないと思われます。

よくみると、なぜか看板の縁が全てスポンジ状のもので保護られてます。
なぜ??


最近、工事現場を見ると胸が弾みます。
スポンサーサイト
 
secret

trackback url
http://scaholic.blog46.fc2.com/tb.php/21-9677a2bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。